デリヘル風俗という名の日本のサービス

1001回目のデリヘル風俗

デリヘル店長はアルバイトだった

●風俗PR広告● 大阪の風俗はデリヘルよりホテヘルが多い
大阪風俗
http://www.fuzokubijin.com/kansai/oosaka/all/


奥の部屋でじっくりとデリヘルの話を聞きましょうかね」私は金髪の若い男に引きずられるような格好で、店内奥の小部屋に連行されました。
鍵をかけられ、個室内は私と店長とアルバイト店員の3人だけです。
「今日はもう店閉めたから、ゆっくりとお仕置きができるな」禿げオヤジはそう言うと、脂ぎった顔を私の顔ににじり寄せてきました。
「今日は何のデリヘル?
Y君、早速、身体検査してくれ」店長はアルバイト店員に命じました。
金髪の若い男はいやらしい笑みを浮かべながら私の背後に回ると、両腕をがっちりと押さえ込んできました。
「店長、ぼくが押さえてますから、どうぞ」「そうか、そうか。
それではまず、この豊満な胸のあたりからチェックしようか」店長の芋虫のような太い指が私の大き過ぎる胸を押してきました。
「いや、あ、そこは…」指が私の胸の敏感な部分に触れると、思わず声をあげてしまいました。
「なかなか感じやすいみたいだな。
ところで私はもう年でインポ気味でな。
Y君、まずは君がこの奥さんにきつ1い一発かましてやってくれんかね」「いや、何をするんです。
警察に訴えますよ」私は身をよじらせて、抵抗しました。
しかし…「ほう、デリヘル嬢のくせに警察とはよく言ったもんだ。
Y君、とっととやっちゃって」私は店長の眼前で全裸にされると、アルバイト店員に犯されました。
部屋の中央にある机に仰向けに寝せられて、Y君は激しく腰をふってきます。
店長はその様子をビデオで撮影しはじめました。
以来、私は、週に2度はこのドラッグストアに通っています。
だって、行かなければビデオを主人に送るぞって脅されているし、万引きしたことがバレたら離婚されるに決まってます。
「今日は、奥さんのオッシコするところが見たいな。
なあ、Y君も見たいだろ」私は今日もドラッグストアの小部屋で、二人の男にいたぶられています。

デリヘルでのバイトを隠していいる

彼氏にデリヘルでバイトしているとウソをついています。
「るのかチンポ握るのかって、その違いだけだろ?一緒だよ、一緒。
まったく問題ない……ナニ?その違いが結憊アカイんだって?だったら、イメージ性感の一環としてカラオケもプレイ内容に入れてしまえば万事解決オッケーー「さざんかの宿」を歌いながら右手はダンスを担いで左手でチンポをしごいたり、「奥飛騨慕情」を歌うときには自分の奥ヒダにお客さんのマイクをブッスリ挿……あ、つちの方は法に触れるからナシだが、これならデリヘルで働いてるという豐罘目体にはウソはない!客には受けないかもしんないけど。
しかしまあ、こっから正味な話をさせてもらうどだ、大学生くらいだと、自分の彼女が風俗勤めしていることに寛容になれるヤツつてのは本当に少ないだろう。
彼氏がじゅりのことを本当に好きでも、大学生の彼氏とはつきあい始めてまだ半月なんですが、彼にはデリヘルでバイトしていると言っています。
そろそろ本当のことを言うべきか、デリヘルの店員のままでつき通すべきかで悩んでいます。
雑誌で顔も出しているし、絶対バレないという自信があり茹せん。
彼は今まで付き合った中で一番ぴったりくる人だし、失いかくありません。
本当のことを言うぺきしよ冫駟?それだけでアウトつて言うヤツは言うよな。
若い男と付き合うのには、貞淑っていうのが結構重要な条件になってくるもんだ。
もし本当に彼バレがイヤだったら、今すぐ風俗の仕事U辞めた方がいい。
どうしても風俗の仕事が辞められないなら、彼氏に本当のことを言うしかない。
その場でブチギレて別れ話を切り出されるかもしれないが、そりゃしょうがない。
そこでダメなら若い男はダメつてことだ。
なんなら俺と付き合ってくれよ!性感ヘルス嬢の彼女に無料で自宅で前立腺刺激してもらえるなんて夢のような話!お返し匕大学生には出来ない年相応のねちっこい愛謳を用意して待つてるよ!

アヒルロでのフェラチオ


デリヘルでトドのような体が女のコを包み込むように動いている。
人気AVギャルじゃ、こんなトドみたいな男は、NGなんだろうなあ。
と思いつつも弖具を撮ってしまう。
初めての撮影で、3人の怪男優を相手にした女のコにとって不思議な体験だったのではないだろうか。
顔射を受けた表情こそ女優そのものであった。
繰り返す。
綺麗なベッドの上にゲ囗を吐ショートカットではヒットしないといったデリヘルの定説を打ち破って快進撃を続ける佐藤順子。
男を誘惑するプリプリ娘の最新作とともに真紀ちゃんの魅力に大接近が况年のAVシーンで話題になった女と云えば、まず出てくるのは。
Tバックの飯島愛となるが、その次となると佐藤順子ちゃんなのではないのだろうか。
ショートカットでは売れない/といったAV界の定説を打ち破った功績は大きい。
デリヘルの秘蔵っ子としてデビューし、AV危機と呼ばれた昨年のアダルトビデオ業界を引っ張ったクィーンのひとりなのだ。
タリプリ娘の血が騒ぐ』で見せてくれた陽気な笑顔にキュートな不良っぽさ。
そして、本気印満点のカラミでボクたちを興奮させてくれた佐藤順子ちゃん。
深夜番組に出てくる真紀ちゃんもいいけど、ボクたちはショートカットの愛苦しさにボディコンの似合うスタイルの良さに思わずセク『ラしてみたくなってしまったのだ。
』アヒルロでのフェラチオでオトコたちは何度もイッ膽ってしまったし、顔面発射後藏嶇のおしゃぶりシーンにはソクッとさせられる。
デビューは美少女レーベルのティファニー。
10月のヅリプリ娘の血が騒ぐ』でデビュー。
以後『星の数ほどエッチして』『『マッチョバナナ』『栗とリスまでも』等の代表作でも見られるように本気印のファックシーンにコミカルなドラマ調、と彼女の魅力を見事に描ききっている。
芳友舎の専属女優として活動を続けているが、AV中心から方向転換をしていくらしい。
だが、佐藤順子ちゃんの14本目の新作『愛欲まみれの天使』はプリプリ度が高く、プリプリ娘佐藤順子ちゃんの魅力が満載されている。
低迷期のAV業界にヒジ鉄を食らわせて!AVデビューは緊張の連続だ。
まして男優デビュトとなると悲惨な結末しか待つていない。
女優と男優はこうしてできあがる。
豼.新人AVギャルと聞けば、心ウキウキの取材となるのが常であるのだが、話がB級ギャルとなると新人ギャルであろうと勃起度もトーンダウンしてしまう。
今回はV&Rプランニングの社会派作家、山田監督作品の撮影現場を取材。
人気AVギャルだけでは成り立たないのがアダルトビデオである。

B級として出演するAVギャルに夕ーゲットを絞った山田監督一体何を考えているのか理解に苦しむ監督サン。
昨年の制作した作品を並べただけで山田の実像が見えてくるかもしれない。
『密閉監禁七日間』『スーパー女犯』『ボディコン労働者階級』と、作品を観た事がある者の大半が抜けないAVであろう。
見た者をエ囗地獄へ迷いこませてしまうのが、山田監督作品の魅力かもしれない。
一般視に敢えがたい女が、B級ギャル。

B級にしかなれなかった女のコが、何故にして。
女優への道を目指してきたのだろうか。
普段、AVを観ているだけでは、AV女優の私生活などは知る由もないが、今作品で普通の女のコの。
AVに対する気持ちを少しでも分かるのではないのだろうか。
だが『スーパー女犯』の山田である。
ただでは起きないはずはない。
過去の作品を観る限りでは、悪臭が漂ってくるのだが、今回の撮影では悪臭はあるのか。

3Pも最高

元デリヘル嬢の女サギ師は男を利用し、操って自分の欲望も満たしていく。
フエラシーンは圧巻。
デリヘルでの3Pも最高真紀ちゃんの第は弾目の新作『愛欲まみれの天使』であるが、デリヘル風コミカルなバラエティ作品に仕上っていて笑えてヌケる内容になっている。
今回の役は、女サギ師。
こんな美少女ならばコ囗ッとダマされても仕方がないよね。
旅館業を営む加藤鷹へ千手観音を売りつけにやってくる真紀。
「世の中は金が全て」といった六本木ギャルのような発言をするが、ボディコン姿で売りつける姿はソソるものがある。
恋人の和也が恵示から駆けつけてくるが、真紀は素性がバレるのを避けてウソをついてしまう。
サギの片棒・速水と一緒に入浴するが、興奮の余りにボッキ。
「マキちゃん、立っちゃった。
抜いて/・抜いて/」と欲求。
田舎芝居のセリフで興奮してフェラされてしまう。
恋人も入浴してきて動揺してしまうが、天性の明るさで乗り切ってしまう。
あいかわらずのチュパチュパと音を立ててのフェラは絶品だ。
恋人との夜の濃厚なファック。
ディープキス。
豊満な肉体をゆっくり愛撫。
「マキ、腰が動いちやう」と腰を振りながら求めてしまう。
アソコをナメられながらのシックスナイン。
おいしそうにシャブる姿はそそられる。
正常位からの挿入。
下ツキなのか、足を持ち上げてのピストン攻撃に声の感度も最高潮。
バックでは、お尻を突き上げて自ら腰を振る好き者に変身。
フィニッシュはもちろん顔射でキメてくれる。
3人の男を上手に繰り、股を開げて利用していくサギ師役は、けっこう(マつている。
大きな口でのフェラチオシーンは実に気持ち良さそうだ。
成金親父・加藤にサギ師であることがバレてしまうが、ダマされていても男というのは、若い肉体の魅力に負けてしまうもので、3Pに突入。
Wフェラにパイプで刺激され、漏れまくる。
正常位で奥まで突かれ、口にはもう一本が。
とてつもなく(ードなSEXが見ものだ。
気持ち良く何度もイツてしまう真紀ちゃん。
顔射されて丁寧に口でおしゃぶり。
快感をむさぼりあっているようで実にイイのだ。
終わった後の満足そうな表情が真紀ちゃんのキャラクターを表しているのではないのだろうか。
最後には、ジャツキー・チェンばりのNG集や8ミリで収録したプライベート集がけっこう楽しい。
今後とも真紀ちゃんの新作は見逃せないよね。

導かれキス

導かれキス。
キスからフエラヘ。
やっぱ程身体は正直、デリヘルでも短時間にも関わらずすでに勃起してました(恥)『かずみ』さんのフエラは絶品。
けっして激しぐも、大きなアクションなど(深ぐとかヒネリとか)ないのだが、咥えるときに添えた左手が絶妙な感じで睾丸袋と肛門の間、俗にいう『蟻戸渡り』を「ツンバッン」突いて来るのです。
慣れ親しんだ自分の手ですらこんな短時間のー発目では昧わえないんじやないだろうってくらい気持ち良くしてくれるテクニック。
1海外旅行にも勝る散歩だってある要は、如何にして楽しむかヽ慌ただしい季節がやって来た、一年の総決算に新年と続く。
年末がハタハタしていた分、正月くらいゆっくりしたいものだが、そうもいかない。
新年の挨拶に、初詣。
故郷のある者は、たまの休みと帰郷する。
なんだかんだと言って、寝正月を過ごせるようないい身分の大人は、日本にそうはいないと思う。
これでは、心改まろうと、心の休まる暇なんてどこにもない。
しかしこういう時こそ、好きなことを楽しもう。
たとえ半日だけでも、楽しんだのと楽しまないのとでは、過ごした時間の重みが違う。
どこかの本で、そう有名じゃない人が言った。
「海外旅行にも勝る散歩だってある」と。
なるほど。
言った人間がどういう人物かは知らないが、言いえて妙ではないだろうか。
そうなのだ、全ては自分次第だ。
つまらないと思うだけなら、ただそれだけ。
楽しもうと思っていれば、その場の何かを楽しめる。
そう思って過ごしていれば、家の近所を歩いているだけでも、海外旅行にも勝る体験を得ることだってあるのだ。
時間があまりないならば、少ない時間で楽しめる工夫をしたらいいのだ。
アナタは何故この雑誌を買い、何故このページを読んでいるのだろう。
吉原を体験したことが無い人も、陶然いるだろう。
だが大半は吉原ファンで、どういう女のコがいるのか、どういうお店なのかを知りたくて読んでいるのではないだろうか。
月に一度、この雑誌で好みのお店を調べて、遊びに行くという人もいるだろう。
それならば、もっと楽しめるように工夫してみよう。
例えば、自分は初めて吉原へ遊びに行くんだ、と仮定して楽しんでみるとかだ。
2。
新鮮な気持ちで吉原ヘト漫画家、つげ義春の作品に「蟹」という話がある。
郊外のボロ屋で暮らす青年の話で、2階になんとなく住み着いた、朝鮮人の李さん一家との掛け合いが面白い話だ。
その中で、主人公の青年が、自分が住んでいる町へ、自分が初めて錢たと仮定して散歩してみる、というくだりがある。
すると、普段は目につかなかった民家の壁なんかが、何気なく目につくようになり、その町が昔の街道筋だったことを再発見する。
こうして、だんだんと気分が乗ってきた主人公は、調子に乗りすぎパチンコに手をだし、あっという間に角jけて帰る、と続く。
これがとても楽しそうで、今でも知った町を歩く時は、ついこの歩き方をしてしまう。
この間も、吉原の町に、通りの名前が書いた看板が新設されていたのを発見した。
結構、豪華な作りの看板で、観光地にありそうな感じ。
送迎のあるソープのお客さん向けでないことは確実で、吉原を見学に来る歴史好きが少なくないということだろう。
そこで、観光客になった気分で吉原内を歩いてみたのだが、歴史の厚みがあるだけに、建物ひとつ見て歩いても、実に楽しい。
なるほど、と思ったものだ。
この考え方を、ソープでやってみるのだ。
俺は初めてソープヘ行く。
吉原はまったく知らない町なので、どうすればいいか、いま雑誌で調べている、と。
こうして見ると、普段は読まなかったような、ちょっとした情報も読む気にもなるし、なによりも気分が楽しくなってくるはずだ。
プレジデントクーフブの信頼と安心さて、初めて吉原へ行こうというアナタ。
気分がウキウキしていて、どのお店にしようかと頭を悩ましていることだろう。
お歳暮等のカタログもそうだが、こういう「選ぶ」作業をしている時、人間はすごく幸せなものだ。
なにせ、初めて行くソープなのだ、後悔はしたくない。
そこで考えるのは、初めていくなら歴史のあるお店にしよう、ということだ。
歴史はイコールで、お店に対する世間の信頼の厚さでもある。
いいかげんな店に、長い歴史ができるワケがないからだ。
それでは、歴史のあるお店ってどこだろう?ナイタイマガジンが提案するのは「プレジデントクラブ」だ。
25年の長い歴史を持つ同店。
日々精進していく気持がなければ、四半世紀も吉原に足跡を残すことはできない。
なればこそ、同店の持つコンセプトがいかにしっかりしていて、利用する我々に向けられているかも察することができるだろう。
フロントの対応、女のコ接客、きれいに清掃された店内・…どれを見ても、決して妥協がない。
たしかな「仕事」を感じることができるお店だ。
初めての吉原、後は体感するだけだ。
きっと、あらたな発見があなたをまっていることだろう。
霾むの入って「オナニーなんかしない」つて良く吉いますけど、ゼッテーやってますよね。
だって触れば気持ちいいんだからノ。
ということでナイ9イマガジンの読者プレゼントで当選したボクは、池袋北口の「工囗工囗奥様の会」で廿牲のオナニーの神祕を探ってまいりました。
お相手してくれたのは懾さ九(25)。
Hカップの爆乳人唐さんです。
ボクが今回トライしたのは「即オナニープレイ」コース。
人糎の禁断のオナニーを鑑賞できるコースです。
まずはシャワーを浴びました。
として、ヘットヘ行くと、すくさま僖さんのオナニーショーの胎まりです。
僖さんは壁に寄りかかってまずは乳首に囗−9−を這わせました。
「ウィィイン」綣誡音を立てながら、僖さんの乳頭を刺激する囗−りー。
快感で顔をゆがめる僖さんは、気持ちいいのか、舌なめずりしていました。
としてロー9−は股間に。
クリちゃんの部分を囗−9−が刺激するとノ。
透き通ったラフジコースが蜜の中がら溢れてきました。
そのうち囗‐9−に懾さんのラフジコースが泡立てられて白くなり、懾さんの囗がらは「ウウツ、ウウウウツ」という呻き声がノ。
とれでボクも興奮しちゃって、堅く勃起したアレを懾さんの囗一兀に突き出すとノ。
ボクのペニスにむしゃぶりついてく−−る懾さん。
「ハキコームフェラつてこれのことか」と思わず感動しちやいました。
として今度はHカップのバストでパイズリです。
彼廿のオッパイはとてもフカフカで、それでボクのアソコをこすってくれるのです。
「やっぱり圃俗っていいな。
彼口はこんなこと絶対してくれないもんな」あまり今までされたことがないパイズリに感動したボクは、もうすくイキとうになっちゃいました。
それで騎乗位素腹をお願いして。
さつきまで滴るほとのラフジコースまみれになっていたアソコをクリンヴリンとペニスにこすられて、最高の気分で六噴射しちゃいました。
あっ、とうとう。
僵さんと別れ際に「口の人もオナニーするよね?」つて聞いたら、「あたりまえでしよ」つて吉われちゃいました。

安さとは、それを手にした買い手の満足度によって決まると思っている。
たとえ1万円のモノでも自分的こ満足ならそれを高いとは思わないだろうし、1円のモノでも納得がいかなければそれを高く感11}にてしまうだろうから。
だから私は、当コーナーで紹介するフーソク店においても数字で見る高い安いではなく、'値段以上の満足度を得られたか否か'という視点からその遊びが高いのか安いのかを述べてきた。
な私が今回、試みたのは、多くのフーソク店が実施している割引きチケットを使ってセコく遊んでみること。
そこで得られる満足度Nとはいかなるものか。
私は数あるフ気ーソク店の中から出来るだけ割引率の顋店を探し始めた。
チケット持参で75コース5千円割引jを謳う渋谷道玄坂のホテルヘルス『F』は、プレイにこれと言った特徴のないギャル系のお店だった。
直接、お店に電話を入れて詳細を伺ってみると、通常75分コースであればもろもろ合わせて2万円必要なところを入会金2千円とルーム代3千円を割引いて1万5千円にしてくれるとのこと。
ただし女のコの指名は出来ない。
それでも私はそれに了解してお店へ向かい、受付で割引きチケットを渡して案内を待つことにした。

店舗はちょっと暗い印象

出張ではなく店舗デリヘルのデリヘルみたいなサービスはちょっと暗い印象だと思ううんですけど、かつては本サロのデリヘルのデリヘルみたいなサービスも行っていたが。
現在は値段の安ざとデリヘルのデリヘルみたいなサービスのよさをウリにした健全なデリヘルのデリヘルみたいなサービスで真っ向勝負を展開。
中々レベルも高いのだ。
東京のピンサロといえば尼崎に触れなくてはならないだろう。
東のNK流本サロ街であった西川口と双璧の、関西の雄・尼崎本サロ街で鳴らした土地だ。
ところが尼崎も4年前の法改正で呼び込みが厳しぐなったことによって今は閑古鳥の鳴く街になってしまった。
そのまんま西川口と同じ状況という訳だ。
脇道に面した数軒のピンサロが、6000円プラスの裏メニューで本○をこっそりさせてくれる、とい弓程度の凋落ぶりである。
なんのことはない、1万5000円も出せば、ソープ街の福原・大衆店でのプレイも可能なのだから、あえて冒険の必要はないということだ。
そんな中、福原街のピンサロは25分5000円でご「三宮ヘルス」と称されるがほとんどがピンサロだ。
夜間は中国系エステ嬢につまらないよう突入−・く普通の嬢がお相手する。
いくら料金にシビアな関西であっても5000円以内の店は多少なりとも姫質には目をつむることが肝要。
(そのためでもないが店内は暗い!)さて新地好きの記者がヌキだけでもいっか、と思えるのが神戸の中心・三宮のピンサロだ。
表向きはヘルスだったが、5000円以内でシャワーなしとなればピンサロだろう。
30代姫なのだが三十路の艶があやなす色っぽさに、ルール範囲の最安20分4000円コースではもったいない気がする。
なにせあのサトエリに似ていて、昔はモデルでもやってたんじゃないの、と思うほど。
白い歯からチロリとのぞかせる舌で亀頭をなめられ、さすが三十路と関心する。
狭いシートからはみだしながら69の体勢でひたすらプレイに没頭するが、それでも20分はあまりに短くて、なかなか精子がスタート台に集まってくれず、タイムアップ寸前で発射できた。
精子の残滓までしっかりとお掃除吸引し、顔を背けておしぼりで口を拭われた。
「これで手を拭いて下さい」オシポリを手渡されると、たっぷり付着した愛液を念入りに拭く。
最後は店の入口でキスをして送り出してくれた。
高収入のお仕事といっても、その業種はさまざま。お給料で選ぶのか、デリヘルのデリヘルみたいなサービス内容で選ぶのかはあなた次第。自分に合った仕事を選びましょう。
インターネットやケータイで、メールやチャットなどをする「インターネットデリヘルのデリヘルみたいなサービス」、テレクラやツーショットダイヤル、伝言ダイヤルやテレビ電話で会話をする「テレフォンデリヘルのデリヘルみたいなサービス」などプロダケション雑詰グラビア。
ネットアイドルや八Vのモデルなどのお仕事基本的に顔は出さず、身体のパーツだけや、セクシーな衣装やヌードをインターネットや雑誌などで公開するグラピフア、とDVDやビデオなどで公開するAVなどの「プロダクション」など。
佶の麟その懸のお仕事性風俗デリヘルのデリヘルみたいなサービスのない「店舗型エステ」、メイドなどの衣装での喫茶店「イメージカフエ」、お店で衣装などを脱いで見せるデリヘルのデリヘルみたいなサービスをする「ストリップ」「のぞき部屋」など。
オミズ午大ハグラフVブ。バー(○などのお辻車1ドレスなどの衣装を着て接客)する「キャバクラ」「パブ」(ニュークラブ」、礼儀やマナーが重視1される「クラブ」、バーテンダーイメージクラブコスチュームイメージプレイなどの性感デリヘルのデリヘルみたいなサービスをする派造型のお仕事ホテルやお客様の自宅などへ派遣され、先生と生徒、0 Lと上司など、AVゴッコ風の性感デリヘルのデリヘルみたいなサービスなどをする「イメージクラブjなど。コスチュームにも凝ったお店が多く、接客時間がやや長め。
女王様プレイやM女プレイなどの性感デリヘルのデリヘルみたいなサービスをする派遣型のお仕事ホテルやお客様の自宅などへ派遣され、SM仕立ての性感デリヘルのデリヘルみたいなサービスなどをする「SMクラブ」など。ソフトから本格派まで、かなり幅広いプレイスタイルのお仕事。
女王様専門店やM嬢専門店もある。
オープン座席の店で。
接客デリヘルのデリヘルみたいなサービスをするお仕事。オープン座席の店で接客する「サロン」。お酒の相手をしながら、マンツーマンで接客デリヘルのデリヘルみたいなサービスなどをしたり、複数の女のコで順番にデリヘルのデリヘルみたいなサービスなどをしたりさまざま。

SMクラブで4万円

お店をアガッた後のことはまだ漠然としているんですが、温泉地あたりとか、なるたけ自然に囲まれたところで暮らしたいですね。
都会は都会で便利な面もあり嫌いな訳ではないのですが、何故か大自然っぽい処が良いです。
将来の子供達の為にもね。
時間の流れもゆっくりしていますし、住むにはイイ感じでしょラね。
熱海あたりとかなら適度にひな鄙びてるしいいかな?・ で、近い将来は・:う〜ん、車を買い珍λたい、位かな?−何か今にでも出来そうじゃないですか (笑)。
いやいや…。
結構大変なんですよ。
子供たちには何を求めますか?・そんなに仰々しいものは無いんですが。
「何かのスペシャリスト」になって欲しいというのはちょっとあります。
ですから、そのための環境作りってのはしてあげたいです。 (笑)。
なんて言うんですか? 今、私、ゴルフもちょこっとハマつているんですよ。
でもあれってやっぱり物心つく前にクラブとか持たせたりした方が絶対にうまくなりますよね。
そんな感じで、別にゴルフでなくてもいいんです。
楽器とかスポーツとか、モチロン本人の気に入るもので。
そんな環境作りをしてあげたいな、なんて思っております。
至って真面目なインタビューになってしまったが、「小5、6あたりでエッチ (実践編)話に遭遇」とちょっと早の開花(モチロンH関係に対するアンテナの)など、読者の皆様にも「逢った時言ってやろっ」なんてなった のではないでしょうか?
ヤッターノ・今月もオイラはこのコラムを書けるんだ/・ 原稿も書き慣れてきたし、なんだか楽しくなってきやした。
最近ちょっと仕事が(Iドで疲れ気味だけど、このコラムだけは気合入れて書くぞ〜/ だから編集長、来月も書かせてくださいが そんなこんなで、今回はシビアに都内の某ピンクサロンに行って来たぜ。
今回の店を選んだ理由は、オイラの知り合いに「超オススメの所があるよ」と言われて、それじゃ行くしかないと思ったから。
皆様もご存知のように、オイラは先月SMクラブで4万円も使っちまったから、安いピンサロがオイラにはちょうどいいんだ。
それで、オイラはある土曜日の午後6時くらいにその店へ行ったんだけど、ビックリしたゼノ・ 客が行列して待ってるんだもの。
これ見たら。
スゲエいい店なんだ”と思うよ。
それから店に入った瞬間、。
いらっしゃいませ”とすごく元気な声で迎えられちまったしな。
それから待つこと20分、やっとオイラの出番だよ。
従業員が お待たせしました”と連れていってくれたテトブルが、これまた二百後列。
ウーロン茶を飮んでると来やした、待望のギャルが。
それも白いピラピラのドレスのような服を着て10本くらいオシボリを持って来た。
それからギャルはちょびっと話をして「それじゃあ」と言った直後にいきなりのディープキス/・オイラも負けずに白いドレスの中に手を突っ込んで、大きなオッパイをモミモ゛`〜つと反撃だい。